コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

FK-506 エフケーごひゃくろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

FK-506
エフケーごひゃくろく

筑波山麓の土壌中の放線菌から単離された免疫抑制剤。免疫抑制剤は一般に,自己免疫疾患やアレルギーの治療に用いられてきたが,近年では,臓器移植時の拒絶反応を阻止するために不可欠の薬剤として注目を集めている。従来,シクロフォスファミド,アザチオプリンメトトレキサートシクロスポリンなどが用いられてきたが,これら免疫抑制剤は正常の免疫機能をも低下させるほか,骨髄機能の抑制のような重篤な副作用を起すことが知られている。その意味から,この FK-506はシクロスポリンの数十倍から百倍近い免疫抑制効果をもつにもかかわらず副作用の少ないことが報告されており,期待の大きい薬物となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android