コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Fos

栄養・生化学辞典の解説

Fos

 fosと呼ばれる遺伝子の産物で,転写因子の一つ.遺伝子fosは細胞を突然変異誘発物質などで処理するとすみやかに一過性に発現する.Junとヘテロダイマーを形成して遺伝子のAP-1サイトに結合して転写を調節する.FosのホモダイマーはTPA応答配列に結合するとされている.ロイシンジッパーをもち,ヘリックス-ターン-ヘリックス構造をとっている.v-fosがん遺伝子の一つ.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android