コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がん遺伝子 がんいでんしoncogene

翻訳|oncogene

知恵蔵の解説

がん遺伝子

最初はがんウイルスから、次いでヒトのがん細胞から分離されたため、がん遺伝子と呼ばれるが、本来、がんをつくるための遺伝子ではなく、細胞の増殖と分化のカギを握る一群の大事な遺伝子である。突然変異を起こした場合に活性化してがんをつくる遺伝子となる。これまでに、100種以上のがん遺伝子が発見されている。実際にがんが発生するには、がん遺伝子とがん抑制遺伝子に変異が蓄積することが必要。

(黒木登志夫 岐阜大学学長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

がん遺伝子の関連キーワードロバーツ(Richard J. Roberts)国際がんゲノムコンソーシアム遺伝子を構成するDNAがん発生のメカニズムBhas42細胞がんの遺伝子療法人工多能性幹細胞がんの遺伝子診断膵(臓)がんラス癌遺伝子原がん遺伝子がんの特徴分子生物学花房秀三郎がんの予防河井 貞明ラス遺伝子豊島久真男河井貞明バーマス

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がん遺伝子の関連情報