コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Gタンパク質

栄養・生化学辞典の解説

Gタンパク質

 GTP結合タンパク質の一つのグループで細胞膜に存在する.受容体からの信号を伝達する機能をもつ.エピネフリングルカゴンなどのホルモン受容体からの信号を受けてアデニル酸シクラーゼを活性化するGsのほか,アデニル酸シクラーゼ活性を抑制するGi,その他のグループがある.いずれもα,β,γの3種のサブユニットで構成され,αサブユニットはGTPアーゼ活性をもつ.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

Gタンパク質の関連キーワードギルマン(Alfred G. Gilman)ADPリボシルトランスフェラーゼGタンパク質共役型受容体生体膜マイクロドメインアルフレッド ギルマングリシン(アミノ酸)グアノシン二リン酸細胞内情報伝達機構グアノシン三リン酸ガストデューシン狂犬病ウイルス嗅覚レセプターγ百日咳毒素分子生物学ロッドベル

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Gタンパク質の関連情報