コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Gタンパク質

栄養・生化学辞典の解説

Gタンパク質

 GTP結合タンパク質の一つのグループで細胞膜に存在する.受容体からの信号を伝達する機能をもつ.エピネフリングルカゴンなどのホルモン受容体からの信号を受けてアデニル酸シクラーゼを活性化するGsのほか,アデニル酸シクラーゼ活性を抑制するGi,その他のグループがある.いずれもα,β,γの3種のサブユニットで構成され,αサブユニットはGTPアーゼ活性をもつ.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

Gタンパク質の関連キーワードギルマン(Alfred G. Gilman)ADPリボシルトランスフェラーゼGタンパク質共役型受容体アルフレッド ギルマン生体膜マイクロドメイングリシン(アミノ酸)細胞内情報伝達機構グアノシン三リン酸グアノシン二リン酸ガストデューシン狂犬病ウイルスγ嗅覚レセプター分子生物学百日咳毒素ロッドベル