HSP(読み)えいちえすぴー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

HSP

ONION softwareが開発し、フリーソフトとして配布されているプログラミング言語。Windows 95以降で利用でき、テキストによるスクリプトを書くことで画像を表示し、メニューシステムを構築できる。ヘルプやデバッグ機能を備えており、命令セットを組み合わせて、アプリケーションやゲームを作成することもできる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エッチ‐エス‐ピー【HSP】[heat shock protein]

heat shock protein》平常より5~10度高い温度まで急激に熱せられた細胞に誘導されるたんぱく質。細胞を耐熱性にして熱などのストレスから保護するはたらきがある。癌(がん)細胞を熱して殺す治療法の研究で注目されている。熱ショックたんぱく質。ヒートショックたんぱく質。ヒートショックプロテイン

エッチ‐エス‐ピー【HSP】[headset profile]

headset profileBluetooth(ブルートゥース)対応のオーディオ機器で用いられるプロファイル。音声データの送受信についてプロトコルなどをまとめたもので、ヘッドセットスマートホンなどを相互に接続する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

HSP

〖heat shock protein〗
熱ショック-タンパク質。生物細胞が受ける熱・紫外線・化学物質などのストレスに反応して産生されるタンパク質。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android