コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IM IM/あいえむ/いんすたんとめっせんじゃー instant messenger

9件 の用語解説(IMの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

IM

メッセンジャー」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

IM

⇨インスタント・メッセージング

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アイ‐エム【IM】[instant messenger]

instant messenger》⇒インスタントメッセンジャー

アイ‐エム【IM】[intercept missile]

intercept missile迎撃ミサイル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IM

ネットワーク上のユーザー同士でメッセージを交換するサービスのこと。登録したユーザーが接続中であれば、テキストによる会話がリアルタイムで行える。また、マイクWebカメラパソコンに接続することにより、音声や動画などを送受信できる。なお、インスタントメッセージ用のソフトウェアを、インスタントメッセンジャー、メッセンジャー、ページャーなどと呼ぶ。主なサービスに、ヤフー社の「Yahoo! メッセンジャー」、マイクロソフト社の「Windows Liveメッセンジャー」、グーグル社の「 Googleトーク」などがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産学連携キーワード辞典の解説

IM

「IM」とは、Incubation Managerの略。事業を起こしたい人に不足している知識、ノウハウ、資産などを補い、事業化の手助けインキュベーション)を行う人のことを指す。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

アイエム【IM】

インスタントメッセンジャー。◇「instant messenger」の頭文字から。⇒インスタントメッセンジャー

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

IM

IM

〖instant messenger〗
インスタント-メッセンジャー。ネット上で、登録した相手が呼び出し可能かどうか(在席中か外出中かなど)を常に確認でき、呼び出した相手とチャットできるシステム。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IMの関連キーワードインスタントメッセージインスタントメッセンジャーネットワークゲームピコネットユーザーIDリング型ネットワークローカルプリンターEmNet電子ネットワークメタメッセージ

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IMの関連情報