コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IMAP4 あいまっぷふぉー

1件 の用語解説(IMAP4の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IMAP4

Internet Mail Access Protocol version 4の略。POP3と同様に、メールの受信側のユーザーがメールを読むときに使われるプロトコル。POP3では受信メールをダウンロードしてクライアント側のハードディスクなどに保存するのに対し、IMAP4では送受信メールの保存はサーバー側で行なう。そのため、メールクライアントは必要なときにサーバー上のメールの内容を取得して表示する。メールの実体はサーバー上にあるので、どのコンピューターアクセスしても同じ環境が実現する。現在では主に、携帯電話Webメール組み合わせシステムで利用されていることが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IMAP4の関連キーワードIETFAccessE-mailメールクライアントUBEUCEe-mailクライアントe-mailソフトMARS

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IMAP4の関連情報