Internetサービスプロバイダー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Internetサービスプロバイダー

営利目的で、Internetへの接続サービスを提供する企業。「Internetプロバイダー」、あるいは単に「プロバイダー」と呼ばれることも多い。他のInternetプロバイダーに基幹リンク(日本国内の基幹と、海外への接続)を提供する1次プロバイダーと、1次プロバイダーの下にぶら下がる形でエンドユーザーにInternet接続サービスを提供する2次プロバイダーに分類できる。Internetサービスプロバイダーには次のようなはたらきがある。JPNICなどから一括してIPアドレスの割り当てを受けており、この中からユーザーに適当なIPアドレスを割り当てる。ネットワークアドレスの取得やドメイン名の取得などの手続きを代行し、専用線接続をサポートする。これは主に企業ユーザーに対するサービス。Internetプロバイダーは、Internetバックボーンと高速な専用線で接続されており、これをユーザーに開放する。たとえば個人ユーザーに対しては、モデムやISDNによるアクセスポイントを開放しており、ユーザーはこれに接続することで、Internetとのネットワーキングが可能になる。電子メールサービス、NetNewsサービス、WWWサービスのためのProxyサーバーの提供など、ユーザーが正しく、あるいは円滑にInternetのサービスを受けられるようにする。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android