コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Extranet

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Extranet

InternetをバックボーンにしてIntranet同士を相互に接続した情報システム。本社と各地の支社や支店、ある企業と関連グループ企業、米国本社と各国の支社、そしてある地域やコミュニティに帰属する関連団体同士など、ある特定のグループ内でのみ有効な情報システムを、Internet上でワールドワイドに展開/構築した、仮想的なプライベート情報システムのことを指す。関連グループをも含む統一的な情報システムを構築することにより、グループ全体での情報の共有や、生産性、競争力の向上を目指す。Internetの技術をベースにして構築されたのがIntranetシステムであるが、Intranetはある組織内だけに閉じていなければならないという制約があった。これをInternetを介して相互接続して、関連するコミュニティ内に対して、Intranetと同様のサービスを提供するのがExtranetである。今までは、このようなシステムを構築するためには、各サイト同士を専用線で結んでシステムを構築していたため、コストが高くなっていたが、Internetをバックボーンとしてこれを利用すれば、はるかに安価に、そして柔軟に情報システムを構築できる。もちろんInternet上を流れるデータには適切な暗号化などの措置を施すので、セキュリティー的にも問題ない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

Extranetの関連キーワードオフィスオートメーション

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android