コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Internet常時接続

1件 の用語解説(Internet常時接続の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Internet常時接続

常にInternetへ接続されているネットワーク環境のこと。公衆電話回線を使ったオンデマンド接続の場合は、ユーザーが必要なときに自分で電話をかけ、Internetにアクセスしてメールニュースを読んだり、WWWブラウザーを使ったりする。しかしこれではInternetの側から送られてくるプッシュ型のような情報サービスは受けられないし、常に更新されるような情報をリアルタイムに入手することができない。常時接続された環境ならば、Internetへアクセスしたい場合に、(ダイヤルアップやPPPネゴシエーションなどの)タイムラグなしにアクセスができるし、即時性が要求されない情報ならば、回線がすいているときに自動的に送受信したり、蓄積させたりできる。Internetへ常時接続するためには、専用線やCATV Internet、xDSL技術などが考えられるが、いずれも公衆電話回線に比べると、コストは高くなる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Internet常時接続の関連キーワードインターネットカフェオートダイヤルCIX総合行政ネットワークルーターローカルプリンタータートルネックゴールネットテルネット

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone