コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IPP あいぴーぴー

8件 の用語解説(IPPの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IPP

インターネットで用いられるHTTPプロトコルを利用したネットワーク経由での印刷を行う規格。HTTPプロトコルを使用するため、ファイアウォールに妨げられることなく、離れた場所にあるプリンターで印刷できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

IPP

送電、配電を担う電力会社とは別に、発電した電気を電力会社に卸す企業など。日本では95年の電力自由化で導入され、鉄鋼会社や化学メーカーなどが相次いで参入したが、その後の撤退も相次いでいる。

(2008-11-09 朝日新聞 朝刊 週刊九州)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アイ‐ピー‐ピー【IPP】[internet printing protocol]

internet printing protocol》インターネットなどのTCP/IPネットワークを通じて離れた場所にあるプリンターで印刷したり、プリンターを制御したりするためのプロトコル

アイ‐ピー‐ピー【IPP】[Independent Power Producer]

Independent Power Producer》⇒卸供給事業者

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

IPP【アイピーピー】

Independent Power Producerの略。独立系発電事業者。自らが所有する設備で発電を行い,その電力を電力会社に卸売りする事業者のこと。1988年電力会社4社と卸売契約を結んだ米国のオーシャンステートパワー社が第1号とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

Wisdomビジネス用語辞典の解説

IPP

Independent Power Producerの略で、独立系発電事業のことをいう。「卸電力事業」とも呼ばれる。1995年の電気事業法改正で、一般事業者が電力会社へ電力の卸供給を行うことが認められ、石油・鉄鋼・化学などの業界各社が、IPP事業を新たなビジネスチャンスととらえて参入している。卸売業者は入札によって決定されるが、特に石油会社は燃料を安く調達できるほか、製油所における自家発電ノウハウを持っている点で有利な立場にあり、多くの落札実績を挙げている。IPPには、余剰電力の取り引きを活発化させる効果が期待されいる。

出典|「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)
「Wisdom」とは、NECが運営するビジネス情報サイトです。Copyright NEC Corporation All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

IPP

〖independent power producer〗
卸電力供給を目的とする独立発電事業者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

IPP
あいぴーぴー

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IPPの関連キーワードPowerPCMac ProPower Line CommunicationFITシルバーパワー卸供給事業者J-POWERIndependent SchoolIndependent StudyPrivate~

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IPPの関連情報