コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ISO (カメラ) あいそ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ISO (カメラ)

国際機関で定められた、フィルム感度。一般のフィルム感度がISO100で、400、1200といった、4倍、12倍の感度のフィルムが販売されている。以前はASA【アーサー】が用いられたが、数値の意味は同じ。高感度の、つまり、ISOの値が高いフィルムを利用すると、暗い場所や、高速なシャッター速度でも撮影できる。半面、高感度のフィルムでは、粒子が粗いというデメリットがある。デジタルカメラではフィルムは用いないが、撮像素子の感度を上げていくと、熱電子などのノイズの影響を受けやすい。撮像素子の感度を変更できるようになっているが、感度を上げると画像が荒れるというフィルムとの共通点、分かりやすさから、撮像素子の感度設定にもISOが流用されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ISO (カメラ)の関連キーワードウオーターフットプリントISO14000シリーズイソきゅうろくろくまるISO9000シリーズISOイメージファイルISO 14000ISO 9660IEEE独立系統運用機関ISBNコード国際計量用語集国際標準化機構ISOFIXISO 感度メートルねじISOコード文字セット環境ラベルH.264PHIGS

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android