コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ISO (カメラ) あいそ

1件 の用語解説(ISO (カメラ)の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ISO (カメラ)

国際機関で定められた、フィルムの感度。一般のフィルム感度がISO100で、400、1200といった、4倍、12倍の感度のフィルムが販売されている。以前はASAアーサー】が用いられたが、数値の意味は同じ。高感度の、つまり、ISOの値が高いフィルムを利用すると、暗い場所や、高速なシャッター速度でも撮影できる。半面、高感度のフィルムでは、粒子が粗いというデメリットがある。デジタルカメラではフィルムは用いないが、撮像素子の感度を上げていくと、熱電子などのノイズの影響を受けやすい。撮像素子の感度を変更できるようになっているが、感度を上げると画像が荒れるというフィルムとの共通点、分かりやすさから、撮像素子の感度設定にもISOが流用されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ISO (カメラ)の関連キーワード感度高感度フィルムポジフィルムISO感度銀塩撮像感度JIS感度フィルムノアールレンズ付フィルム110フィルム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone