J. ラベリ(英語表記)Jorge Lavelli

20世紀西洋人名事典の解説


1931 -
アルゼンチンの演出家。
ブエノス・アイレス生まれ。
ブエノス・アイレスの大学で経済学を専攻したが、演劇に身を投じ、1960年奨学金でパリのテアトル・デ・ナション付属大学に留学、’63年「結婚」で若者劇団コンクールに優勝する。’67年モンパルナス・ガストン・バティ座の「建築家とアッシリア皇帝」とオデオン座の「メデア」の演出により、若手演出家としての地位を確立。その他の作品は「愛の教義会」(’69年)、「殺戮ゲーム」(’70年)などで、「ファウスト」(’75年)などのオペラの演出にも多彩な才能を示す。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android