コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーワン K-1

デジタル大辞泉の解説

ケー‐ワン(K-1)

《Kは、空手キックボクシングカンフー拳法などの頭文字から》グローブをはめた選手が、拳や足などを使って相手を攻撃し、勝敗を争う格技。競技者の体重により、六つの階級に分かれている。商標名。
[補説]K-1の体重別階級と使用グローブ
階級体重使用グローブ
フェザー級60キロ以下6オンス
ライト級65キロ以下8オンス
ミドル級70キロ以下8オンス
ライトヘビー級85キロ以下10オンス
ヘビー級100キロ以下10オンス
スーパーヘビー級101キロ以上10オンス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ケーワンの関連キーワードダム(Carl Peter Henrik Dam)アンリ‐ミヒャエリス‐メンテンの式(生化学)ヒドロキシ安息香酸(データノート)クリプトメレン鉱(データノート)カール・ペーター・ヘンリー ダムテレフタル酸(データノート)ラグランジュの流体運動方程式ミヒャエリス‐メンテンの式マレイン酸(データノート)アジピン酸(データノート)シュウ酸(データノート)フマル酸(データノート)マロン酸(データノート)コハク酸(データノート)フタル酸(データノート)過ヨウ素酸(過沃素酸)ロトカ‐ヴォルテラの式さいだん座(祭壇座)ポリトロープガスフィロキノン当量

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケーワンの関連情報