コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

KH偵察衛星(読み)ケーエイチていさつえいせい(英語表記)Key Hole reconaissance satellite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

KH偵察衛星
ケーエイチていさつえいせい
Key Hole reconaissance satellite

アメリカが運用している偵察衛星コードネームで,KHは鍵穴の略。寿命は2~3年といわれる。高度 320~800kmの上空からテレビ・カメラによる映像をデジタル信号化してリアルタイムで地上に送ることができる。その解像力は数十 cmといわれる。主要目は KH-11で,重量 13t,全長 19.5m,直径 2m。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android