コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

KH偵察衛星 ケーエイチていさつえいせいKey Hole reconaissance satellite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

KH偵察衛星
ケーエイチていさつえいせい
Key Hole reconaissance satellite

アメリカが運用している偵察衛星コードネームで,KHは鍵穴の略。寿命は2~3年といわれる。高度 320~800kmの上空からテレビ・カメラによる映像をデジタル信号化してリアルタイムで地上に送ることができる。その解像力は数十 cmといわれる。主要目は KH-11で,重量 13t,全長 19.5m,直径 2m。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

KH偵察衛星の関連キーワードラクロス・レーダ偵察衛星サモス衛星

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android