コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

L.M.モンゴメリーの生家 エルエムモンゴメリーのせいか

世界の観光地名がわかる事典の解説

エルエムモンゴメリーのせいか【L.M.モンゴメリーの生家】

カナダのプリンスエドワード島キャベンディッシュにある、モンゴメリーの生家。カナダ連邦発祥の地で、『赤毛のアン』では「世界で一番きれいなところ」と書かれたプリンスエドワード島に位置する。モンゴメリーは、島の北岸中部にあるクリフトン村(現在のニューロンドン村)で誕生し、19世紀半ばに建てられたこの家は、赤毛のアンの生家のモデルとなった。6月中旬から9月末日は一般公開されていて、揺りかごや結婚衣装、モンゴメリーが作ったスクラップブックや手工芸品などの遺品が展示されている。現在、村の一部は国立公園となり、モンゴメリーゆかりの地が保存されて『赤毛のアン』の世界が再現されていて、入り口にはモードを称える記念碑が立っている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android