コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

LE-7エンジン エルイーななエンジンLE-7 Engine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

LE-7エンジン
エルイーななエンジン
LE-7 Engine

H2型ロケットの1段目用のエンジンとして開発されている,国産最大の液体ロケットエンジン。推進剤に液体水素,酸化剤に液体酸素を使用,2段燃焼サイクルによって高燃焼圧力をもち,推力は約 100tである。 1991年2月に 350秒のフル燃焼時間試験に成功したが,さらに解決しなければならない問題が発生したため,開発には多くの時間が費やされた。 H2型ロケットの開発計画において最も技術的にむずかしかった部分で,計画全体を大きく遅らせた。今後の日本の宇宙開発の主力となるエンジンである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android