コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

LTE国際ローミング えるてぃーいーこくさいろーみんぐ

知恵蔵miniの解説

LTE国際ローミング

次世代高速携帯通信規格(LTE)を用いた、他国におけるローミングのこと。ある通信事業者(通信キャリア)が提供するサービスの範囲外のことを、そのキャリアが提携している他の通信キャリアの設備を用い、所有端末を変えることなく利用できることを「ローミング」と言う。そのうち、他国の通信キャリアとの提携によるものを「国際ローミング」と称している。LTE国際ローミングにおいては、利用者は契約している通信事業者のサービスエリア外(他国)に端末を持ち込んでも、LTEを用いた高速通信を行うことができる。日本では、2013年9月13日、ソフトバンクモバイル株式会社が国内の携帯電話事業者として初めてLTE国際ローミングを開始。続いてau、docomoなどもサービスを開始した。14年3月7日、ソフトバンクモバイル及びauは、LTE国際ローミングサービスの対応エリアを追加・提供開始した。

(2014-3-7)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

LTE国際ローミングの関連キーワードLTE4G携帯電話LTE3.9世代3.9GVoLTE中国移動FDDLTEVoLTE

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android