コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

LTE国際ローミング えるてぃーいーこくさいろーみんぐ

1件 の用語解説(LTE国際ローミングの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

LTE国際ローミング

次世代高速携帯通信規格(LTE)を用いた、他国におけるローミングのこと。ある通信事業者(通信キャリア)が提供するサービスの範囲外のことを、そのキャリアが提携している他の通信キャリアの設備を用い、所有端末を変えることなく利用できることを「ローミング」と言う。そのうち、他国の通信キャリアとの提携によるものを「国際ローミング」と称している。LTE国際ローミングにおいては、利用者は契約している通信事業者のサービスエリア外(他国)に端末を持ち込んでも、LTEを用いた高速通信を行うことができる。日本では、2013年9月13日、ソフトバンクモバイル株式会社が国内の携帯電話事業者として初めてLTE国際ローミングを開始。続いてau、docomoなどもサービスを開始した。14年3月7日、ソフトバンクモバイル及びauは、LTE国際ローミングサービスの対応エリアを追加・提供開始した。

(2014-3-7)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

LTE国際ローミングの関連キーワードLTE-Advanced第三・九世代携帯電話第三・五世代携帯電話第四世代携帯電話TDLTEBISDNイーモバイルLTECSフォールバックブイオーエルティーイーLTEアドバンスト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

LTE国際ローミングの関連情報