コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Live MOSセンサー らいふもすせんさあ,らいぶもすせんさー

1件 の用語解説(Live MOSセンサーの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

Live MOSセンサー

 オリンパスがフォーサーズシステムカメラ、E-330に採用した新しい イメージセンサー 。背面の液晶モニタ被写体を確認しながら撮影する、コンパクトデジタルカメラの撮影スタイルをデジタル一眼レフで可能にするために考案された。この ライブビュー 機能の一番の課題は消費電力である。オリンパスはMOS信号増幅技術をベースに、低消費電力で発熱もノイズも少ないセンサを開発、それがLive MOSセンサーだ。とくに CMOS では3本必要な制御用配線をCCDと同じ2本としたことで、ひとつの素子の受光面積をCMOSの約3倍に拡大できた。これにより広いダイナミックレンジ、階調豊かな画像の記録を可能とした。ちなみにE-330のセンサーは4/3型で有効画素数は750万画素だ。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

Live MOSセンサーの関連キーワードFour Thirds SystemフォーサーズフォードシステムシステムカメラビフォーサービスマイクロフォーサーズユニカメラルシステムZUIKO DIGITAL レンズフォーサーズシステムマイクロフォーサーズシステム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone