M13(読み)えむじゅうさん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルクレス座にある球状星団ヘルクレス(ヘラクレス)の胴体にあたるη(イータ)星とζ(ゼータ)星の間にあり、北天で最大かつもっとも美しい球状星団といわれている。肉眼では星雲状に見えるが、双眼鏡や小望遠鏡では、中心部の星の集中が著しく見え、ヘルクレス座大球状星団ともよばれる。メシエ・カタログで13番目に登録されているのでM13とよばれ、またNGC6205(NGCカタログ番号)ともよばれる。距離は約2万5100光年。直径は約100光年。10万個ほどの恒星で構成されている。実視等級は5.8等、視直径は10分程度。7月中旬の午後7時ごろに東の空に、午後9時ごろに真上の空に見える。
 なお、1974年にアメリカのアレシボ電波観測所からM13に向けて人類からのメッセージが送信された。[山本将史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

M13の関連情報