M13(読み)えむじゅうさん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルクレス座にある球状星団。ヘルクレス(ヘラクレス)の胴体にあたるη(イータ)星とζ(ゼータ)星の間にあり、北天で最大かつもっとも美しい球状星団といわれている。肉眼では星雲状に見えるが、双眼鏡や小望遠鏡では、中心部の星の集中が著しく見え、ヘルクレス座大球状星団ともよばれる。メシエ・カタログで13番目に登録されているのでM13とよばれ、またNGC6205(NGCカタログ番号)ともよばれる。距離は約2万5100光年。直径は約100光年。10万個ほどの恒星で構成されている。実視等級は5.8等、視直径は10分程度。7月中旬の午後7時ごろに東の空に、午後9時ごろに真上の空に見える。

 なお、1974年にアメリカのアレシボ電波観測所からM13に向けて人類からのメッセージが送信された。

[山本将史]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

M13の関連情報