コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MPファイル えむひいふあいる,えむぴーふぁいる

カメラマン写真用語辞典の解説

MPファイル

  CIPA (カメラ映像機器工業会) の策定した新規格 「MPフォーマット」 に準拠したファイルデータのこと。MP はMutlti Picture =マルチピクチャ の略。MPフォーマットとは、複数の静止画を1つのファイル (拡張子は .MPO) として記録する形式のこと。  応用目的としては、デジタルカメラで撮影した静止画にテレビなどさほど解像度の高くないモニター表示用の画像を追加しておいたり、パノラマや3D (立体視) 、マルチアングルで撮影した画像をひとつにまとめたりする際に活用する。  実際にMPファイルを導入したのは、平成21 (2009) 年3月に発売したリコーCX1 が最初で、同機で撮影した 「M連写」 、「超高速連写」、「マルチターゲットAF」 で撮影した画像はひとつのファイルに記録されている。たとえばそれまでのM連写画像はすべての画像を並べてひとつの巨大なJPEG画像に仕上げていたわけで、処理にも後からの編集にも不都合が多かった。それがMPファイルになったおかげで、画像が散逸することがなくなったほか、MPファイルから必要な画像だけを書き出すことも可能になった。  なお、MPファイルをパソコンで閲覧するにはいまのところ専用のビューワソフトが必要で、Windows では同梱ソフト 「IrodioPhoto&VideoStudio」 ソフトウェアを使い、Macintosh 用ではMac専用MPファイルビューワソフト 「VM-1」 を別途ダウンロードする必要がある。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

MPファイルの関連情報