NアセチルDグルコサミン

栄養・生化学辞典の解説

NアセチルDグルコサミン

 C8H15NO6 (mw221.21).

 2-アセトアミド2-デオキシグルコース,N-アセチルキトサミンともいう.GlcNAcと略す.D体が動植物,微生物の複合糖質,特にキチンやプロテオグリカン(ムコ多糖),糖タンパク質,糖脂質の構成成分として広く分布する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android