NアセチルDグルコサミン

栄養・生化学辞典の解説

NアセチルDグルコサミン

 C8H15NO6 (mw221.21).

 2-アセトアミド2-デオキシグルコース,N-アセチルキトサミンともいう.GlcNAcと略す.D体が動植物,微生物の複合糖質,特にキチンやプロテオグリカン(ムコ多糖),糖タンパク質,糖脂質の構成成分として広く分布する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android