無水酢酸(読み)むすいさくさん(英語表記)acetic anhydride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無水酢酸
むすいさくさん
acetic anhydride

酢酸酸無水物。化学式 (CH3CO)2O 。無色,中性,刺激臭の液体。沸点 139.47℃ (760mmHg) ,比重 1.0850 (15℃) 。加水分解を受けて酢酸になる。アセチルセルロース製造や,アセチル化剤または縮合剤に使われる。皮膚や眼をおかす。アセチレンあるいはケテンと酢酸を反応させて製造する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

無水酢酸

医薬品や工業原料、染料などに幅広く使われる強い酸味と刺激臭を持つ液体。麻薬ヘロインの精製過程で使われることから、製造、小売業者らには麻薬取締法で、国や県への届け出が義務づけられている。ヘロインはアフガニスタンの武装勢力タリバーンの資金源とされ、00年の国連安保理決議では支配下地域への無水酢酸の供給の防止が決定された。

(2009-03-30 朝日新聞 朝刊 1社会)

無水酢酸

鎮痛剤アスピリンや電子回路の基板などに使われる樹脂、たばこのフィルターなどの製造に使われる無色透明の液体。酢酸から水の分子を取り除いてつくられ、酢のようなにおいがする。 麻薬であるヘロインの製造過程でも使われる物質で、2016年に毒物及び劇物取締法の劇物に指定され、無許可で製造したり、所持したりすることが禁止された。無水酢酸とケシから作られるモルヒネを合成するとヘロインになる。

(2018-03-07 朝日新聞 朝刊 新潟全県・2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

むすい‐さくさん【無水酢酸】

酢酸2分子から水1分子が取れて縮合した形の化合物。刺激臭のある無色の液体。アセチルセルロースの製造のほか、アスピリンなどの合成原料として使用。化学式(CH3CO)2O
[補説]平成13年(2001)11月25日に改正・施行された「麻薬及び向精神薬取締法」で麻薬向精神薬原料の一つに指定されたため、無水酢酸を輸出入・製造・譲渡する場合や、盗難・紛失などが判明した場合などは、厚生労働大臣あるいは都道府県知事に届け出なければならない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

無水酢酸【むすいさくさん】

化学式は(CH3CO)2O。刺激臭を有する無色の液体。融点−68℃,沸点140.0℃。水と反応して酢酸になり,アルコール,セルロースなどとエステルをつくる。アセチルセルロース,酢酸ビニルの製造,医薬,染料などの有機合成におけるアセチル化剤として用いられる。酢酸またはアセトンの熱分解で得られるケテンCH2COと酢酸の反応,アセトアルデヒドの空気酸化などによってつくる。
→関連項目酢酸

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むすいさくさん【無水酢酸 acetic anhydride】

酢酸の酸無水物。化学式(CH3CO)2O。融点-68℃,沸点140.0℃の強烈な刺激臭をもつ無色の液体。クロロホルム,エーテルなどの有機溶媒に易溶。皮膚に触れると水ぶくれを生じる。水と徐々に反応して酢酸になるが,無機酸が存在すると急激に反応する。また無機塩基と激しく反応して酢酸塩となる。第三アミンの存在下にアルコールと反応して酢酸エステルを生じ,アンモニアまたはアミンと反応してアセトアミドを生じる(アセチル化)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むすいさくさん【無水酢酸】

酢酸二分子が脱水縮合してできる有機化合物。化学式(CH3CO)2O 酢酸の蒸気を高温で適当な触媒の上に通すなどして得る。無色、刺激臭のある中性の液体。皮膚に触れると火傷やけどを起こす。水と徐々に反応して酢酸となる。化学工業上、重要な原料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無水酢酸
むすいさくさん
acetic anhydride

酸無水物の一つで、酢酸2分子から1分子の水をとった組成をもつ。
 工業的には、アセトアルデヒドの酸化により直接無水酢酸をつくる方法と、酢酸の熱分解により発生させたケテンを酢酸と反応させる方法により製造されている。刺激臭をもつ無色の液体で、皮膚につけると水疱(すいほう)や炎症を生ずる。蒸気は催涙性をもっている。水には約2.7%溶けて、水と反応して徐々に酢酸になり、エタノール(エチルアルコール)に溶けて徐々に反応して酢酸エチルになる。これらの反応は酸があると促進される。エーテルなどの有機溶媒に溶ける。アセチル化剤として広く使用され、セルロースをアセチル化してアセチルセルロースをつくるのに使われるほか、アスピリンなどの医薬、染料、クマリンなどの香料の合成に用いられる。特定麻薬向精神薬原料に指定されている。「氷酢酸」とよばれている水の含有量が低い高純度の酢酸とは別物である。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

むすい‐さくさん【無水酢酸】

〘名〙 酢酸の無水物。化学式 (CH3CO)2O 刺激臭のある無色の液体。水に少しずつ溶けて酢酸となる。アセチルセルロース・アスピリン・染料などの原料となるほか、アセチル化剤として重要。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android