Nグラム(読み)えぬぐらむ(英語表記)n-gram; Ngram

図書館情報学用語辞典の解説

Nグラム

任意の文字列や文書を連続したn個の文字で分割するテキスト分割方法.特に,nが1の場合をユニグラム(uni-gram),2の場合をバイグラム(bi-gram),3の場合をトライグラム(tri-gram)と呼ぶ.最初の分割後は1文字ずつ移動して順次分割を行う.図書館情報学の分野では,検索システムにおける索引の自動抽出においてよく用いられる.例えば,「図書館情報学」をバイグラムで分割すると,「図書」「書館」「館情」「情報」「報学」となる.形態素解析を行って単語境界を識別して分割する方式と比べ,検索漏れが起きにくい,分割が機械的で容易なため多言語への対応が容易などの長所がある.しかし,情報検索や自動分類へ応用する際にはノイズが多くなる,転置ファイルのサイズが大きくなるなどの短所がある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Nグラムの関連情報