N-グリコシルアミン(読み)グリコシルアミン

化学辞典 第2版の解説

N-グリコシルアミン
グリコシルアミン
N-glycosylamine

糖のヘミアセタール性ヒドロキシ基とアンモニア,あるいは第一級または第二級アミンとが脱水縮合したものの総称.それらアミンのグリコシドに相当する.結晶性のものが多く,溶液中で変旋光を示す.一般に,脂肪族第一級アミンのグリコシルアミンは不安定であり,アマドリ転位や分解が起こりやすい.この転位反応で,アルドースのグリコシルアミンは1-アミノケトース誘導体に,ケトースのそれは2-アミノアルドース誘導体になる.広義には,ヌクレオシドもグリコシルアミンに属するが,変旋光を示さず,化学的性質も大いに異なる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android