NGN

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

NGN

電話網をオールIP化した次世代ネットワーク。NTTなどの電話陣営からのアプローチで、電話網とインターネットそれぞれの長所を合わせたネットワークをめざす。日本では、2008年3月から提供が開始されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

NGN

次世代電話通信網の総称。現在の固定電話網、インターネット網、携帯電話網を統合するだけでなく、放送網も含めて「通信と放送の融合」を目指す。技術的には、インターネット網で使われるIP(インターネットプロトコル)ネットワーク技術をベースに、サービスとして電話・映像送信などを統合したものを指す。特に日本では、NGNと言った場合、NTTグループが構築中の次世代電話網を指すことが一般的。自宅への回線には光ファイバーを使い、IPネットワーク上で、電話、映像送信、インターネットのサービスを提供する。ITU-T(国際電気通信連合の電気通信標準化部門)にて技術的な標準化作業が行われているが、詳細までの策定については不透明な部分も多い。NTTグループは2008年3月から、NGNを活用した商用サービスを開始。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

エヌ‐ジー‐エヌ【NGN】[next generation network]

next generation network》インターネットで用いられるIP技術を利用した次世代の通信網。従来の回線交換式の電話網に代わり、IPネットワークの利便性と経済性、電話網の信頼性と安全性という双方の長所を採り入れたもの。電話、データ通信、動画のストリーミング配信などを融合したサービスの提供、有線通信移動体通信を区別せずに使用できるFMCの実現、通信品質(QoS)とセキュリティーの確保を目標とする。国際電気通信連合(ITU)、欧州電気通信標準化協会(ETSI)、日本の次世代IPネットワーク推進フォーラムなどにより、標準化が推進されている。IP NGN(internet protocol next generation network)。次世代IPネットワーク。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android