コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NIP エヌアイピー

世界大百科事典 第2版の解説

エヌアイピー【NIP】

ニップ(商品名)ともいう。ジフェニルエーテル系の除草剤で,アメリカのローム・アンド・ハース社によって開発され,1956年に日本に紹介された。非ホルモン系の除草剤で,選択性はない。この薬剤は,土壌処理において土壌の表面の比較的浅い部分に吸着され,深部には移行しない性質を有する。したがって,土壌表面に生育する雑草は接触的に殺草されるが,深部に根を張っている作物は害を受けない。この性質を利用して,粒剤はイネ移植後の水田土壌処理除草剤として使用されることが多く,乳剤および水和剤は,畑作用除草剤として用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のNIPの言及

【除草剤】より

…ダイアジン系除草剤として,ブロマシル,オキサジアゾンなどが知られ,後者は,水田のノビエなど一年生雑草,マツバイなどに有効である。ジフェニルエーテル系除草剤には,NIP(非登録),CNP,クロメトキシニルなどが含まれ,水田における移植前後の土壌処理剤として広く使用されている。 R‐SO2NHCONH‐Rの部分構造を含むベンスルフロンメチル,Chlorsulfuronなどのスルホニル尿素系除草剤は,低濃度で,土壌処理,茎葉処理のいずれでも強力な殺草作用を示し,広葉雑草とイネ科作物との間にある程度の選択性が認められ,哺乳動物に対する急性毒性もきわめて低い。…

【NIP】より

…この性質を利用して,粒剤はイネ移植後の水田土壌処理除草剤として使用されることが多く,乳剤および水和剤は,畑作用除草剤として用いられた。現在,NIPは日本の農薬登録からはずれており,類似の除草剤としてCNP(商品名MO,エチオン),クロメトキシル(商品名エックスゴーニ,Difenexなど),ビフェノックス(商品名モーダウン)などが登録されている。毒性は50%致死量LD50=2630mg/kg(ラット)。…

※「NIP」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

NIPの関連キーワードNIP/TUCK ハリウッド整形外科医NIP/TUCK マイアミ整形外科医Nippon Hoso Kyokai非機密IPルーターネットワーク大赤翅小頭隠翅虫尖翅赤根虎天牛日本赤頭扁葉蜂日本鐫花娘子蜂瑠璃小頭隠翅虫腹白無尾襀翅大和二目襀翅栗色角長花蚤大紋黄偽芥虫淡黄縞縁大蚊山黄斑日陰蝶淡黄斜帯大蚊小葉の蜻蛉草葡萄鳥羽蛾毛長頸細虫薔薇葉切蜂

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

NIPの関連情報