コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Na+K+ATPアーゼ

栄養・生化学辞典の解説

Na+K+ATPアーゼ

 ナトリウム-カリウムATPアーゼともいう.細胞内外のナトリウムイオンとカリウムイオンの濃度勾配を維持する機能をもつ酵素で,ATPのエネルギーを使ってナトリウムイオンを細胞膜を横切って細胞外へ輸送し,一方,カリウムイオンを細胞内へと輸送することによって,これらのイオンの細胞内外の濃度勾配を維持する.ウワバインはこの酵素の特異的阻害剤.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

Na+K+ATPアーゼの関連キーワードATPアーゼエネルギー代謝アデノシン三リン酸イオン輸送代謝酸化的リン酸化TCA回路フォスファーゲンATPアーゼアルギニンリン酸

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android