コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Na+K+ATPアーゼ

1件 の用語解説(Na+K+ATPアーゼの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

Na+K+ATPアーゼ

 ナトリウム-カリウムATPアーゼともいう.細胞内外のナトリウムイオンとカリウムイオンの濃度勾配を維持する機能をもつ酵素で,ATPエネルギーを使ってナトリウムイオンを細胞膜を横切って細胞外へ輸送し,一方,カリウムイオンを細胞内へと輸送することによって,これらのイオンの細胞内外の濃度勾配を維持する.ウワバインはこの酵素の特異的阻害剤.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Na+K+ATPアーゼの関連キーワード塩素酸ナトリウム酢酸ナトリウム炭酸水素ナトリウム炭酸ナトリウム二クロム酸ナトリウム亜硝酸ナトリウム珪酸ナトリウム塩化金酸ナトリウム低ナトリウム血脳ナトリウム排泄ペプチド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone