コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NiMHバッテリー

1件 の用語解説(NiMHバッテリーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

NiMHバッテリー

正極にニッケル、負極に水素吸蔵合金を用いたバッテリーNiCdバッテリーに比較して電力容量が高く、カドミウムを使用しないために環境問題も回避できるという特長がある。一方の短所はNiCdに比べ製造コストが高いこと。また当初NiMHバッテリーではメモリー効果はほとんど起こらないとされていたが、実際にはメモリー効果が起こることが報告されている。現在でも、このNiMHバッテリーを採用したポータブル型PCは少なくないが、さらに容量を高められるリチウムイオンバッテリーを採用するPCも増加してきている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

NiMHバッテリーの関連キーワードニッケルカドミウム電池ニッケル水素電池アルカリ蓄電池水銀法水素吸蔵合金酸化銀電池水素貯蔵合金ニッケル鋼ニッケル銅ニッケル鍍金

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone