P-糖タンパク質(読み)ピートウタンパクシツ

化学辞典 第2版「P-糖タンパク質」の解説

P-糖タンパク質
ピートウタンパクシツ
P-glycoprotein

多剤耐性遺伝子産物ともいう.細胞内に蓄積した有害な代謝産物や,薬物などの異物をATPの助けを借りて細胞外に排出する輸送体.抗がん剤が効かなくなる多剤耐性の原因分子でもある.ニューロンの活動を守るために,脳の血管異物を通しにくくなっているが,この血液-脳関門の実体もP-糖タンパク質と考えられている.語源はp = permeability.ATP-binding cassette(略称ABC)を有するABC transporter superfamilyの一員で,次のようにABCの何番とよぶ命名法が提唱されている.例:ABCB1(旧略号PGP or MDR1),ABCC1(MRP1),ABCG2(MXR or BCRP).

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android