コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PIE症候群 ピーアイイーしょうこうぐん PIE syndrome

1件 の用語解説(PIE症候群の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ピーアイイーしょうこうぐん【PIE症候群 PIE syndrome】

胸部X線写真で肺に浸潤陰影がみられ,末梢血で好酸球増加症を呈する症候群。病名はpulmonary infiltration with eosinophilia(好酸球増加を伴う肺浸潤)の頭文字をとったもので,1952年にリーダーW.H.Reeder とグッドリッチB.E.Goodrichによって提唱された。肺好酸球増加症ともいう(クロフトンJ.W.Crofton,1952)。アレルギー性の機序によって発症し,III型アレルギーが中心であるが,I型アレルギーの関与も考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

PIE症候群の関連キーワードX線写真紫外線写真塵肺早期浸潤肺浸潤胸膜腫瘍BOOP放射線肺炎慢性ベリリウム肺Q熱(塹壕熱)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone