コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PIO ぴーあいおー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

PIO

Programmed Input/Outputの略。IDEインターフェイスにおけるデータ転送方式の1つ。CPUがI/Oポートを直接アクセスして、IDEインターフェイスとデータをやり取りする。ATA-2/3/4では、PIOモード0~4が定義されており、それぞれ3.3/5.2/8.3/11.1/16.7MB/secでデータを転送できる。転送方式としてはもう1つ、CPUを介さずに直接メモリーと周辺機器でデータをやり取りするDAM(Direct Memory Access)転送があり、現在ではDMA方式が一般的。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

PIOの関連キーワード全国消費生活情報ネットワークシステム空腹時血糖(FBS・FPG)Fast ATAバスマスターIDE消費者ホットラインスポーツマンタイプ消費生活センター国民生活センタープロピオン酸発酵Fast ATAピウス二世広場円瓢箪象鼻虫裏紋赤枝尺蠖サバンナヒヒ豆細口象鼻虫プレベラキス褄切枝尺蠖アオリイカやせタイプチーズバエ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

PIOの関連情報