コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プログラム学習 プログラムがくしゅう programmed instruction

翻訳|programmed instruction

5件 の用語解説(プログラム学習の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プログラム学習
プログラムがくしゅう
programmed instruction

一定の学習目標に到達させるために,細かく分析され,論理的,系統的に順序づけられた内容を,解説,説明,質問,答えの系列に従って習得させる学習指導の方法。行動主義心理学の立場からアメリカの B.スキナーが提唱したもので,教材の小刻み提示,学習者の積極的反応の喚起,学習事項の即時確認,自己ペースでの学習を原理とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プログラム‐がくしゅう〔‐ガクシフ〕【プログラム学習】

programmed learning》心理学で、小刻みに分割された学習内容を系列化し、段階ごとに、学習者の積極的な反応を強化させながら、学習の目標値に確実に到達できるように配慮された学習方法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

プログラム学習

米国の心理学者スキナーが提唱した学習指導方法でオペラント条件付けの原理を応用したもの。 学習の到達目標に至るまでのステップを小刻みに設定し、学習者の反応に対して即座にフィードバックを行いながら、学習者に適したペースで指導を行っていく、という指導法。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

プログラムがくしゅう【プログラム学習】

学習者に一連のプログラムを与えて、それに従って自己のペースで個別に学習を進める学習方式。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プログラム学習
ぷろぐらむがくしゅう
programed learning

従来、ティーチング・マシンテキストシートも含む)を用いて個別学習を進めていく教授・学習方法といったとらえ方をされていたが、今日では、「視聴覚教育マルチメディア結び付き、さらに教育工学、とくにCAI(Computer Assisted Instruction)と合体して、その教授設計の中心的位置を占め、広く教育目標を効果的に達成するための計画的な方法」といった広義の概念になっている。[岡東壽隆]

リニア・タイプのプログラム

プログラム学習をもっとも発展させたのは、アメリカの心理学者スキナーである。彼はオペラント条件づけの原理を学習に適用し、ティーチング・マシンと結び付け、学習目標達成が効果的・効率的に行われる理論を構築し、学習プログラムを作成した。それは、リニア・タイプlinear typeのプログラムとよばれるが、次のような原理からなっている。
 学習目標に到達するためには、学習教材を小刻みにして連続的に提示すること(スモール・ステップの原理)。その際、学習当初は手掛りとヒントを与え、学習の進行とともにそれらを減少させていく(キューイングcueingとフェイディングfading)技法をとり、学習過程全体を通じて、学習者に実際の行動をとらせるなどして積極的な学習参加を求める(積極的反応の原理)。学習者の反応はただちにその正誤が知らされ(直後強化の原理、即時確認の原理)、正答の連続であることによって(正反応の定着)、所期の目標に達するという構造をとる。学習者には学習速度に個人差があるが、自己のペースで学習を進めていくことができ(自己ペースの原理)、さらに、学習結果によってプログラム自体を検証・改善していくようになっている。[岡東壽隆]

枝分れ型プログラム

これに対し、基本的な原理はほとんど変わらないが、同じくアメリカの心理学者クラウダーN. A. Crowderの枝分れ型プログラムがある。スキナーの場合、学習過程における個人差が学習速度だけに帰せられているのに対し、学習者の先行学習とか特性とかに応じて学習の道程が異なることに注目し、学習者の反応に応じ、次に提示されるプログラムが異なるよう設計されている。したがって、正反応の連続でなく、誤反応も許容するプログラムになっている。[岡東壽隆]

その他

そのほかに、学習者の学習過程は、以上のような等質的な連続ではないとする考え方もある。つまり段階的な発展であるとして(知的行為の多段階形成論)、〔1〕行為の準備、〔2〕外的物質的行為、〔3〕行為の外言化、〔4〕内言による内在化、〔5〕一般化した能力の形成、の各段階を固めていくようなプログラムの方法を主張する立場もある。[岡東壽隆]
『中野照海編著『教育学講座6 教育工学』(1979・学習研究社) ▽堀内敏夫編著『プログラム学習とTM』(1972・大日本図書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプログラム学習の言及

【教育工学】より

…コンピューター利用教育)の開発が盛んである。これは学習過程に応用した場合,あらかじめ学習プログラムを入れておき,細かいステップごとの反応を即座に評価して次の指示を与えていくことによって学習の最適化をもたらそうとするものである(プログラム学習)。このように教育工学の応用は,同時に多くの者の個別学習が指導できるという利点がある。…

※「プログラム学習」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プログラム学習の関連キーワード到達主義方法ラーニング・ゴール曲射漕ぎ着ける補習科学習帳狙いを付けるヴァイスの法則ワイスの法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プログラム学習の関連情報