コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本庶佑 ほんじょ たすく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本庶佑 ほんじょ-たすく

1942- 昭和後期-平成時代の分子生物学者。
昭和17年1月27日生まれ。昭和54年阪大教授,57年京大教授。東大助手時代の昭和53年,抗体遺伝子が外敵に応じ法則的に変化する「クラススイッチモデル」を発表,のちネズミの細胞をもちいてクラススイッチを制御するタンパク質AIDの単離に世界ではじめて成功した。平成8年学士院恩賜賞。12年文化功労者。13年米国科学アカデミー外国人会員。17年学士院会員。25年文化勲章。京都府出身。京大卒。著作に「遺伝子が語る生命像」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本庶佑の関連キーワード恩賜賞受賞者オプジーボ生命科学

本庶佑の関連情報