コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Q資料 キューしりょうQ Source

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

Q資料
キューしりょう
Q Source

マタイ,ルカ両福音書の共通資料として,かつて存在し,両福音書に取込まれたと推定されている資料 (Qはドイツ語の Quelle〈資料〉の略) で,イエスの言葉がその主たる部分を成していると考えられるところから語録資料といわれることもある。推定の根拠は,両福音書が『マルコによる福音書』からの素材を共有しているほかに,イエスの言葉を主に多くの共通素材を有し,しばしば語句上の一致を示していることによる。共通素材の配列が両者の間でかなりの一致を示していることも共通資料存在の有力根拠とみなされる。『マルコによる福音書』とともにQ資料を共通資料として認めるいわゆる二資料説は,マタイ,ルカ両福音書のいわゆる編集史的研究を推進する土台となっている。しかしQ資料説には反論もあり,それが一つの文書として存在していたかどうかには疑問の余地があり,Q資料は両福音書に利用される前にすでに口伝伝承として「マタイ版」「ルカ版」に分岐していた可能性も大きい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Q資料の関連情報