コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RAW (デジタルカメラ) ろー

1件 の用語解説(RAW (デジタルカメラ)の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

RAW (デジタルカメラ)

撮像素子で撮影された、生に近いデータを持つファイル形式。通常、デジタルカメラでは、撮像素子で撮影されたデータをさまざまに加工することで、jpeg形式の画像を得るが、jpegの各色8bitという形式の制約で切り捨てられるデータや、逆に、映像エンジンによって補完され生成されたものを含む。たとえば、カメラで設定したホワイトバランスは、jpeg画像に反映され、取り出したjpeg画像に手を加えても、ホワイトバランスは変更できない。これに対し、RAW画像で撮影しておけば、パソコン上でもホワイトバランスを変更できる。デジタル一眼レフカメラでは、RAW形式での撮影や、jpegとRAWでの同時保存ができる。RAWには、メーカーごとの互換性がなく、カメラに付属する、通称、現像ソフト呼ばれるソフトで、読み込んで加工できる。また、各社のRAW形式に対応した市販の現像ソフトもある。また、各社はコーデックと呼ばれる読み込みソフトを配布しており、コーデックの組み込みで、非対応のグラフィックソフトでもパソコンで扱えるようになっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

RAW (デジタルカメラ)の関連キーワード画素記憶素子有効画素数リレーショナルデータベースRAW回折データ処理カメラアイ偽色EF-Sレンズ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone