RZV500R

デジタル大辞泉プラスの解説

RZV500R

ヤマハ発動機が1984年から製造・販売したオートバイ。総排気量499cc(大型自動二輪車)。エンジン形式は水冷2ストロークV型4気筒。レーサーレプリカ。ロードレース選手権で活躍した競技専用オートバイ、YZR500をベースとする。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android