SPARC(読み)すぱーく

図書館情報学用語辞典の解説

SPARC

1998年に北米の研究図書館協会が,大手商業出版社による学術雑誌の独占・価格高騰を抑制するため,研究者や学協会と連携し低価格の学術雑誌の出版を支援し,学術出版システムに変革をもたらすために発足させたプロジェクト.北米を中心に約800機関が参加.主に,学協会の高品質低価格な学術雑誌の刊行の支援,図書館員・研究者・編集委員への広報活動,学術コミュニケーションに関する教育活動などを行っているほか,オープンアクセスによる学術情報流通を支持・支援している.2002年にはSPARC Europeが創設.日本では2003(平成15)年から国立情報学研究所による国際学術情報流通基盤整備事業(通称SPARC/JAPAN)として,これと協調した活動が推進されている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android