コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SREBP

栄養・生化学辞典の解説

SREBP

 HMG-CoAシンターゼなど,ステロールによって調節される遺伝子の調節領域の応答配列SRE)に結合するタンパク質.分子量120kの前駆体が核膜近辺でステロールによる調節機構によって切断され,一方の分子量70k前後の断片が核内へ移行し応答配列に結合して転写を制御するとされている.脂肪酸代謝,コレステロール代謝において重要な役割をはたす.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

SREBPの関連キーワード排卵誘発剤の知識コレステロールメバロン酸アシル活性化酵素β酸化コハク酸CoAリガーゼ(GDP形成)脂肪酸生合成阻害型除草剤TCA回路スタチングリオキシル酸回路

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android