コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脂肪酸酸化回路 しぼうさんさんかかいろ

1件 の用語解説(脂肪酸酸化回路の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しぼうさんさんかかいろ【脂肪酸酸化回路】

長鎖遊離脂肪酸は,酸化される前にまず,細胞質ゾルcytosolからミトコンドリアの中に移行する。その後複雑な過程を経て最終的にはそれぞれ脂肪酸の炭素数に見合ったモル数のアセチルコエンザイムA(アセチルCoAと略記)が一つずつ遊離してくる(図)。このアセチルCoAエネルギー源として重要なATPの生産に使われる。以下に酸化の各過程を示す。(1)長鎖脂肪酸の活性化とミトコンドリアへの移行 細胞質ゾルの遊離脂肪酸はアシルCoA合成酵素の作用で脂肪酸のカルボキシル基とCoAのSH(チオール)基の間にチオエステル結合を有する誘導体に変化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone