コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

T.H. リー Trygve Halvdan Lie

20世紀西洋人名事典の解説

T.H. リー
Trygve Halvdan Lie


1896.7.16 - 1968.12.30
ノルウェーの政治家。
元・国連事務総長。
ノルウェー生まれ。
1919〜22年労働党書記。’22〜35年労働組合総同盟法律顧問。’37〜49年国会議員。’35〜39年法相。’39〜40年商相を歴任。以後、船舶相、供給相を務め、ドイツ軍のノルウェー侵攻後の’40年4月、ロンドンに亡命したノルウェー政府の外相。英米ソの協調に務めた功績を認められ、’46年初代国連総長。朝鮮戦争で、国連軍出動を強いられ、再任に際し、ソ連の拒否権発動を受ける。任期延長し留任した後’53年辞任。’55〜63年オスロ市長を務める。労働問題の権威としても知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

T.H. リーの関連キーワードフラーンシス・ハーバード ブラッドリージョウゼフ・ヘンリ ショートハウスハーバート・ジョージ ウェルズウィリアム・ハレル マロックカツオノエボシ(鰹の烏帽子)ジュリアン・S. ハクスリーオールダス・L. ハクスリー魔法探偵、総員出動!こちら魔法探偵社!B. ボーザンケト新ヘーゲル学派ハマーショルドボーザンケトブラッドリーイギリス哲学シジウィック西田幾多郎ドライサー新自由主義自然地理学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android