T.H. リー(英語表記)Trygve Halvdan Lie

20世紀西洋人名事典の解説

T.H. リー
Trygve Halvdan Lie


1896.7.16 - 1968.12.30
ノルウェーの政治家。
元・国連事務総長。
ノルウェー生まれ。
1919〜22年労働党書記。’22〜35年労働組合総同盟法律顧問。’37〜49年国会議員。’35〜39年法相。’39〜40年商相を歴任。以後、船舶相、供給相を務め、ドイツ軍のノルウェー侵攻後の’40年4月、ロンドンに亡命したノルウェー政府の外相。英米ソの協調に務めた功績を認められ、’46年初代国連総長。朝鮮戦争で、国連軍出動を強いられ、再任に際し、ソ連の拒否権発動を受ける。任期延長し留任した後’53年辞任。’55〜63年オスロ市長を務める。労働問題の権威としても知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android