T2K実験(読み)ティーツーケージッケン

デジタル大辞泉の解説

ティーツーケー‐じっけん【T2K実験】

《T2KはTokai to Kamiokaの》平成21年(2009)に始まったニュートリノ振動を精密に検証する実験の通称。正式名称は「東海神岡間長基線ニュートリノ振動実験」。茨城県東海村にある加速器J-PARCμニュートリノビームを発生させ、約295キロメートル離れた岐阜県飛騨市のスーパーカミオカンデニュートリノを検出する。平成16年(2004)まで行われたK2K実験よりビーム強度を高め、さらに詳しい検証を行っている。平成23年(2011)、μニュートリノが電子ニュートリノに変化したと思われる事象を世界ではじめて観測した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android