コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TTT曲線 ティーティーティーきょくせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

TTT曲線
ティーティーティーきょくせん

恒温変態曲線,等温変態曲線またはS曲線ともいう。 TTTは temperature (温度) ,time (時間) および transformation (変態) の頭文字。 TTT曲線は過冷され過飽和になった材料組織を,ある温度に保持したときの経時変化 (特にその組織変化の開始と終結の時間) を温度-時間図に記入したもので,特に鉄鋼材料について種々の研究がなされている。炭素鋼ではその形がS字型になることからS曲線とも呼ばれる。 CCT曲線とともに鋼の熱処理の重要な資料とされる。合金鋼では添加元素によって,TTT曲線の形状および位置が変化する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

TTT曲線の関連キーワードCCT曲線図恒温変態曲線ベイナイト恒温変態焼入れ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android