コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

U-2型機事件 ユーにがたきじけんU-2 Affair

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

U-2型機事件
ユーにがたきじけん
U-2 Affair

1960年5月1日にソ連領空を侵犯したアメリカのスパイ目的のU-2型機が撃墜され,飛行士が捕えられた事件。それまでソ連は弾道ミサイルの分野でアメリカに先んじ,大陸間弾道ミサイル ICBMの配備も進んでいるとみられていたが,アメリカはU-2型機の偵察などによりソ連の実戦配備 ICBMの数が意外に少いことを突止めた。またそれがあばかれたことを,この事件によってソ連も知り,ソ連の核軍備増強への一つの拍車となった。ソ連は同事件後,同年5月 16日にアメリカの D.アイゼンハワー大統領のソ連への招待を延期すると声明,また同日から開催予定の東西首脳会議は流会になった。さらに,ソ連は 61年9月にアメリカ,ソ連,イギリス三大国の自発的核実験停止の「紳士協定」を破って実験を再開し,62年秋には核ミサイルをキューバに持込んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

U-2型機事件の関連キーワードロッキードUダレス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android