コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタボリズム メタボリズム metabolism

翻訳|metabolism

5件 の用語解説(メタボリズムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メタボリズム
メタボリズム
metabolism

建築・都市計画の用語。 1960年の世界デザイン会議のために結成されたグループ (川添登,菊竹清訓,槇文彦,黒川紀章大高正人ほか) とその設計理論,都市理論をいう。メタボリズムとは本来生物学で新陳代謝の意で,彼らは永久不滅な建築を否定し,また近代建築の固定的な機能主義を批判して,建築とそれによって構成される都市はダイナミックに変化するべきであると主張した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メタボリズム(metabolism)

代謝」に同じ。
メタボリズム理論」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メタボリズム

1960年の世界デザイン会議に際して,建築評論家川添登〔1926-〕,菊竹清訓黒川紀章ら(のちに槙文彦らが参加)によって結成された日本の建築運動グループとその理論。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

メタボリズム【metabolism】

1960年代にわが国で主張された建築理論。機能などの外的要因の変化にともない、都市や建築も交替・変化していくとするもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メタボリズム
めたぼりずむ

日本の建築家、デザイナー、評論家、都市計画家で構成され、前衛的な建築と都市デザインを行ったグループ。またその活動をもいう。1960年(昭和35)に『METABOLISM 1960』を出版、運動のマニフェスト(宣言書)とした。その後、グループとして活動を行うよりも、メンバーの建築家を中心に、それぞれの作品と計画において「メタボリズム」概念を展開していった。
 メンバーは都市計画家の浅田孝(1921―1990)、評論家の川添登、建築家の菊竹清訓(きくたけきよのり)、黒川紀章(きしょう)、大高正人、槇文彦(まきふみひこ)、インダストリアル・デザイナーの栄久庵(えくあん)憲司(1929―2015)、グラフィック・デザイナーの粟津潔(1929―2009)。
 1960年の世界デザイン会議東京開催の準備をしていた浅田が若い建築家を召集し、川添のリードで会議発表に向け宣言『METABOLISM 1960』をまとめた。同書は「都市への提案」を副題とし、「海上都市」「塔状都市」(菊竹)、「新東京計画」「垂直壁都市」「農村計画」(黒川)、「新宿ターミナル再開発計画」(大高・槇)などを収めた。
 メタボリズムは生物学用語の新陳代謝のことで、グループ名はそれの建築と都市理論への適用を意図していた。すなわち、建築や都市は永劫(えいごう)不変な構造ではなく、社会の要請や機能の変更によって変化し、交換可能であるととらえ、ユニット化した居住単位や「群」として増殖する建築や、建築の複製、量産を理論化した。この理論は1964年にイギリスの建築家集団アーキグラムが発表した「プラグ・イン・シティ」にも共通しており、交換不可能なインフラストラクチャーに対して、交換可能な居住ユニットやカプセルなどの居住空間や設備系統はプラグ・インされ入れ替えられるというアイデアを、例えば菊竹の自邸スカイハウス(1958)のムーブネット(設備ユニット)や黒川の中銀カプセルタワー(1972、東京)において実現したのである。
 同世代の建築グループ、チーム(テン)などから思想的な影響を受けた未来主義的なラディカリズムは、1960年代の高度成長期の日本の都市と産業に受け入れられた。同時にメタボリズム理論はメンバーの実際の建築に適用されるだけでなく、ユニットバスなど建築部品の産業化のきっかけをつくった。
 グループとしての活動は、菊竹、槇、黒川によるペルー低所得層低層集合住宅計画(1969)で終わるが、その方法論は川添を中心として日本万国博覧会(1970、大阪)、沖縄海洋博覧会(1975)、つくば科学博覧会(1985)などの博覧会の建築計画やコンセプトに引き継がれていった。[鈴木 明]
『川添登編、菊竹清訓・川添登・大高正人・槇文彦・黒川紀章著『METABOLISM 1960』(1960・美術出版社) ▽八束はじめ・吉松秀樹著『メタボリズム 一九六○年代――日本の建築アヴァンギャルド』(1997・INAX出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メタボリズムの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メタボリズムの関連情報