コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

V型エンジン ブイがたエンジン V-type engine

2件 の用語解説(V型エンジンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

V型エンジン
ブイがたエンジン
V-type engine

1本のクランク軸に対してシリンダをV字形に配置したエンジン。シリンダの配列には,出力の均一化と不釣合いによる振動の減少が考慮されるが,この方式は航空機用エンジンや自動車用などの高速エンジンで多く用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブイがた‐エンジン【V型エンジン】

レシプロエンジンの形式の一。シリンダーがV字形に交互に配置されたものを指す。多気筒の場合、直列エンジンに比べて全長が短く、幅が広くなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

V型エンジンの関連キーワードクランク軸直列機関星型機関連接棒オーガニックリンクシリンダー油単列機関ハードドリンククランクシャフト屈身