コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

W W

3件 の用語解説(Wの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

W

ワット」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

W

〖double〗 ダブル(複・重)の記号。
〖waist〗 ウエストを示す記号。 → BH
〖watt〗 仕事率・電力の SI 単位ワットを表す記号。
〖west〗 磁石やコンパスで、西を表す記号。 → E
〖west longitude〗 西経を表す記号。
〖white〗 色彩で、白を示す記号。
ドイツ Wolfram〗 タングステンの元素記号。
〖woman〗 女。女性。 → M
〖wood〗 木材。材質を示す記号。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

W
だぶりゅー

英語アルファベットの第23字。w音はセム文字ではwawで表され、ギリシア文字ではディガンマ()とウプシロン(υ)となった。
 ウプシロンが発達してUがつくられたが、中世初期のラテン語では、UとVは母音、子音の区別なく用いられ、11世紀になって、UとVが続く場合と、Uが2個続く場合とを区別するためにWがつくられた。Wの名称は、「二重のU」(ダブルのユー)からきている。化学ではタングステンの元素記号であり、物理では仕事を、電気ではワットを表す記号である。方位では西を表す略号であり、カレンダーでは水曜日を表す略号にもなっている。[斎藤公一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Wの関連キーワード表土沼沢土海綿岩エクゼム流理組織微文象組織玻璃玄武岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Wの関連情報