コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WCED ダブリューシーイーディーWCED

デジタル大辞泉の解説

ダブリュー‐シー‐イー‐ディー【WCED】[World Commission on Environment and Development]

World Commission on Environment and Development》環境と開発に関する世界委員会。1984年に日本の提案で設立され、地域環境問題に詳しい各国の21人が討議を続け、1987年第8回討議で最終報告書をまとめ終了した。通称、国連環境特別委員会。委員長を務めたノルウェーのブルントラント首相の名前から、ブルントラント委員会ともいう。→サステイナブルデベロップメント

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

WCED【ダブリュシーイーディー】

環境と開発に関する世界委員会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のWCEDの言及

【国連環境開発会議】より

… この会議で確認され,その後の環境問題への取組みの基調となる概念は〈持続可能な開発sustainable development〉であった。これは,1987年〈環境と開発に関する世界委員会(WCED)〉が《地球の未来を守るために》(《我ら共有の未来Our Common Future》)と題する最終報告書で公表した考え方で,同報告書ではこれを〈将来の世代のニーズを満たす能力を損なうことなく,今日の世代のニーズを満たすような開発〉と説明している。WCEDは1982年,国連環境計画(UNEP)がストックホルム会議の10周年を記念して開催した管理理事会特別会合で日本が設置を提案,高い見地から環境問題についての提言を行う委員会として84年に設置された。…

【国連環境開発会議】より

… この会議で確認され,その後の環境問題への取組みの基調となる概念は〈持続可能な開発sustainable development〉であった。これは,1987年〈環境と開発に関する世界委員会(WCED)〉が《地球の未来を守るために》(《我ら共有の未来Our Common Future》)と題する最終報告書で公表した考え方で,同報告書ではこれを〈将来の世代のニーズを満たす能力を損なうことなく,今日の世代のニーズを満たすような開発〉と説明している。WCEDは1982年,国連環境計画(UNEP)がストックホルム会議の10周年を記念して開催した管理理事会特別会合で日本が設置を提案,高い見地から環境問題についての提言を行う委員会として84年に設置された。…

※「WCED」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

WCEDの関連キーワード世界の環境問題(年表)ブルントラント委員会国連環境特別委員会サステイナブル持続可能な開発環境開発

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android