WF分析法(読み)ダブリュエフぶんせきほう(英語表記)work factor analysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

WF法と略称する。工場,建設現場などでの人間の作業に要する標準時間をあらかじめ決める手法の一つ。人間の作業は,手,,足などの動作で行われるが,これら各部分の動作の距離に,動作の困難性を示す作業条件としてのワークファクターを加味して,標準時間を算出する。ワーク・ファクターはあらかじめ科学的測定値を設定してあるので,タイム・スタディ法のように実作業を分析しなくとも,机上で決めた作業について標準時間を決めうる。MTM法と並ぶ予測時間法の代表的手法である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android