MTM法(読み)えむてぃーえむほう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

methods-time measurementの略。生産活動合理化のため、標準作業時間を設定するPTS法の一つ。MTM法では、運ぶなどの手の動作、焦点合わせなどの目の動作、および身体動作からなる基本動作を設け、動作の種類、移動距離、目的物の条件、難易度に応じた正味時間値の表がつくられる。各作業に含まれている動作の内容を分析し、表の時間値を計算的に合成することにより、作業の標準時間を求めるというものである。

[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android